マージンコール

FXは金融商品であり、元本保証ということも無いから
当然、損失も出すリスクもあります。

株と違い、国の通貨を扱うので、一夜にして紙切れになる
といったことはありませんが、レバレッジという何倍もの
リターンとリスクを伴う取引をする場合もあります。

たくさんの資産を持っている人間はレバレッジを少なめに
運用していることもありますが、中にはレバレッジを
かなり高めに設定して取引しているヒトもいます。

レバレッジをかけることで損失も何倍にもなることから
「多額の借金で自己破産ということは無いのか?」と
心配かもしれませんが、これは大丈夫です。

なぜならば、いまFX業者ごとにマージンコールとロスカット
という二つのリスク管理がされているかです。

今回はマージンコールについてお話しますが、
マージンコールは、預けてある保証金が50%を切った時点で
決済するか、もしくは追加保証金の拠出を求める
制度となっています。

業者によっては、自分で設定できるトコロもあり、
50%じゃなく、30%といったように変更できたりします。
あと、ロスカットはあるけどマージンコールが無い
という業者もありますね。

マージンコールの例を挙げるとこんなカンジです。

10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジを組んで
取引している場合、1ドル105円(105万円)で
買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、
含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合、FX業者は持っているドルを売って決済し、
損益を確定させるか、あるいは証拠金の追加を求め、
上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって、
含み損の比率は25%に下げさせます。

以上のことからレバレッジの比率が高くなるほど、
ちょっと相場が変動するだけで、マージンコールが
発生することになるので注意しましょう。

マージンコールを何度も出すようであれば
一度、決済を済ませてしまって、どこがダメだったのか
修正した後にもう一度、再スタートを切ってみては
いかがでしょうか?

デイトレードで人気のFX業者ランキング

1位、外為オンライン
外為オンライン コストパフォーマンス高さから人気を集めている会社です。スプレッド1銭が固定となっており、低スプレッド業者にありがちなスプレッド拡大の可能性が低いのが最大のメリット。レバレッジ設定もワイドでトレール注文も可能なデイトレードに最適のFX業者です。 ・・・詳細はコチラ
2位、MJ
MJ 低スプレッドのFX業者の中でも先頭を切ってサービスを提供してきたFX業者で、12月よりスプレッドコストは1銭固定になります。取引画面やチャートも高機能で扱いやすく、初心者から上級者までお勧めできるFX業者です。 ・・・詳細はコチラ
3位、フォーランドフォレックス
フォーランドフォレックス フォーランドフォレックスは金利水準が高いだけでなく、スプレッドも2銭〜となっておりコスト面でも他のFX業者と比べて高水準です。レバレッジは50倍程度と抑え目ですが、信頼度とバランスも重視するならデイトレ派にも是非お勧めしたいfx業者です。 ・・・詳細はコチラ
 
Copyright © 2008 FXのデイトレで稼ぐ!FXデイトレード初心者ガイド. All rights reserved